働き方は人それぞれです。

ソースアスリートにはまる

Release: 2020/04/24 Update: 2020/04/26

一度行ったらハマる人が多いのがソースアスリート。大阪にある室内アスレチックです。一度訪れると何回も訪れてみたくなるたのしさいっぱいのアスレチックになっています。
いくつもある設備の中でも注目したいのがアクロバティック鬼ごっこです。日本で初めて常時設置を行ったのがこのソースアスリートです。
障害物のある中を20秒間鬼から逃げ切ることができるのかですが、これがなかなか大変です。障害物をうまく利用しながら鬼から逃げ回りますが障害物を上ったり下りたり飛び越えたりと想像以上に体力を使うことになります。
さらに鬼に捕まるというドキドキ感もあり、ついつい真剣になってしまいます。
他にもウォールトランポリンがありますが、こちらはネット動画などでも取り上げられたことがあります。トランポリンではありますが、単にトランポリンの上で飛び跳ねるのではなくトランポリンで跳ねるのを利用して壁を駆け上がります。
テレビなどでもそんな映像を目にしたことがありますから何となくイメージできる人は多いと思いますが、これを実際に行ってみるとかなり難しいと感じるでしょう。
コツをつかまないとうまく壁を駆け上がることができません。このコツをつかむまでがなかなか大変ですが、ついつい夢中で「もうちょっと」と必死になってしまいます。
うまく壁を駆け上がるようになってくると今度は、もっと上までという気持ちでどんどん欲が湧いてきます。
他のアトラクションはスピードボルダリング・パイプスライダー・タワーウォール・アームホップ・ロープクライミングなどなどあります。
さらにモーションキャプチャを利用して体の動きを測定することができる「SOSU」でスポーツ能力測定を行うことができます。まずは自分の運動能力を測定して目標を立てるのもよいでしょう。
運動能力を測定することで適しているスポーツがわかったり、測定値を参考にどんな運動をおこなったらよいのかを見つけることもできるでしょう。
楽しみながら体を動かすことができるだけでなく鬼から逃げたりクリアに時間制限があることでさらに緊迫感が増して遊び以上に体を動かすことができるでしょう。
ここで紹介しただけでなくキックボクシングなど多くのものを体験することができますから自分に合った楽しみや運動を見つけることができるでしょう。

HOME


関連コンテンツ