働き方は人それぞれです。

メンタル 健康 食事

食事の生理現象と日常風景

食事のリズムが将来的にメンタルバランスを変えていきます。 日常生活で食事をとらないと栄養バランスが乱れてあとで大変な思いをします。 食事バランスが悪いだけでも人間関係に大きな影響が出始めるからです。 ・・・

食事で歪みを予防する

日常的な食習慣から起きる過食と拒食には自分から直せるものと直せないものの2つがあります。 実際に自分である程度は緩和していくことが出来るならそれはとても凄いことです。 食事による健康状態の維持は誰にで ・・・

食事の生理現象

反応性うつ状態というものがあります。 これは、特定の状況にだけ「うつ症状」が現れることを意味しています。 この反応性うつ状態をどうにかして克服する方法はまだ見つかっていません。 反応性うつ状態には「食 ・・・

食事による素行問題の解決

食事による素行問題の解決を図る方法があります。 食事の生理現象は素行を変えていく癖があります。 少年期から食事について「カルシウム」とビタミンをちゃんと摂取していれば将来的に深夜の素行が目立たない方向 ・・・

アルコール依存症までの道筋

アルコール症の方は車のカギを隠したり携帯電話を隠す特徴があります。 行動パターンには財布(現金やカード)を人の目に見えない形で所有して隠していることがあります。 自分が言ったことを変えているとか「あな ・・・

食事生理現象の問題

食事の生理現象はメンタルへの影響をいくらか高めています。 転居の繰り返しや移転を伴うことで起きる異常についてお話します。 特に小学生~中学生(13~20歳)までの年齢の間に食事生理を拒否したり何かしら ・・・

少年期からの食生活が大切

抑うつ状態から起きる食事への反応減少。 食事の生理現象を自分で独自の判断でコントロールする時にダイエットを提案する恐れがあります。これは、自己損傷リスクを高める原因にもつながります。 一見普通に見える ・・・

外食を減らして改善する

課題として食生活があります。幼少期からの食生活が成人後にも影響を及ぼすとされています。 この食事のリズムですが精神症状を予防するためには絶対に必要な生活習慣だと言われています。 人は食事をきちんと取ら ・・・