2016-12-10 VR 比較

MRという言葉をご存じでしょうか。
複合現実の略語になります。
これは、なかなか複雑な状態の言葉なのですが、現実にあるのもと仮想でしかないものを合わせてしまうことになります。
拡張現実ARと仮想現実VRのちょうど真ん中くらいとたとえると、わかりやすいでしょうか。
人間の生活にたとえると、夢を見ている状態にちかいです。
複雑ですね。
少し整理しましょう。
MR複合現実を学ぶことには、3つのことばの意味が大切になります。
AR拡張現実は、現実に起きている実際のことと、仮想世界での空想をあわせたものを意味すると理解すると考えやすいかもしれません。
次に、VR仮想現実のことです。
これは、現実のことを仮想の世界に置き換えることを意味します。
最後メインのMR複合現実ですが、現実のことと仮想のことを融合させることを意味します。
MR、VR、AR本当に良くにているのですが、細かくみると性質や性能はことなります。
これを再現するための機器を開発となると、似ている3つのタイプを作りあげることは、全然性能が違うものになります。
言葉では似ていても、その機器を作り上げるとなると、全く違うので大変な思いをされてこられたことでしょう。
ゲームや映画を中心に普段から使っているもののなかでも、この3つの性能性質をもったものを、なんとなくの生活の中で頻繁に使用しています。
MRは複合を意味しているため、これをさらに研究すると、どこまで進歩してしまうのでしょうか。

コメントは受け付けていません。