食事の生理現象はメンタルへの影響をいくらか高めています。
転居の繰り返しや移転を伴うことで起きる異常についてお話します。
特に小学生~中学生(13~20歳)までの年齢の間に食事生理を拒否したり何かしらの曲がった計画で食事を取らない人には「思考のゆがみ」の疑いがあると言われていて原因のなかに「家族仲」と「友人関係」の変化が含まれていると思われます。だいたい分るのは20歳を過ぎてからの人間関係への影響です。
注意して見ておくと深夜外出と深夜活動が活発になっています。
セクシュアリティパターンの混乱状態やボディイメージの変化に伴う恐怖や脅威を本人が無意識の中で感じる時期があります。その混乱とイメージ変化の気分障害を安定させてくれる存在が「家庭」だと言われいて家庭の中が安全の第一拠点だという認識が12~15歳の間に無意識のうちに自覚されるようになって初めて  「安心」を覚えたりします。その家庭空間の変化で自分の安全拠点が無いと考えるところから「侵襲的脅威」を感じ始めると食事に対しての価値観の変化が起こります。その際に生理阻害行動として「ダイエット」を提案するなど児童心理学的に  不可解な行動習慣を身に付けるようになり、カフェイン多量摂取やバルビツールの使用が起きたりします。不可解な行動習慣には「服装変化」が一つあります。
服装変化は13歳前後から起きるとされています。
その13歳前後の服装変化に合わせて忠誠心的な「依存関係」が目に見える形で広がっていきます。ここに「人間関係の形成」が現れます。コミュニケーションの欠如から暴力のハイリスク状態につながることもしばしばです。
つまり、最終的にまとめますと「食事」と「睡眠」を幼いころから安定させておくことが大切だということです。

コメントは受け付けていません。