生活スケジュールの中に「運動」の予定を入れずに食事だけを続けていると身体には肥満や運動不足の問題が起き始めます。
食事をするためには運動をしないといけません。
運動をせずに食事を続けていくと身体の筋肉は全くつかずにますます落ちていく一方になります。
食欲が出ないのは誰にでもありがちなことです。しかし、それをずっと放置していくと胃の中で食物を消化する機能がおとろえていきます。
さらに、胃の内部が荒れ始めたりして痛みを伴うことがありある程度は飲み食いで胃の中を使う習慣が必要になってくると思います。
生活のなかに食事をとらない時間がたくさんあるならコーンフレークでも良いから食べるようにしないと身体は悲鳴をあげます。
そういうった体の悲鳴や声に気付かないで自分で自由に好き勝手な食事拒否をしたり過食を続けていくことは危険です。
コーヒーカフェインを多量に摂取するのは睡眠障害をもたらしたり利尿作用を上げる分、脱水症状を呼び起こす可能性があります。
特に肌の色にも影響が出やすい年齢層でコーヒーを多量に長期間摂取すると茶色の肌が形成されていきます。
夜の副交感神経が起きた状態が朝昼夜を問わずに続いていくとカルシウム不足から「怒りやすい性格」や「反応性うつ状態」の性格になりやすいと言われています。
特定の場面にだけ自分のうつ状態を見せるような性格傾向が出始めたり、コーヒーの糖分が切れるとイライラするような部分が目立ち始めます。
日常的に栄養を摂取する機会を増やさないと身体はダメになってしまいます。

コメントは受け付けていません。