食生活を10~15歳までの間に整えて健康状態を維持できる身体にして安定が
保てる性格と生活基礎リズムを身につけておくと精神的な抑うつや躁うつ病の予防を実現できると言われています。
躁うつ病は13歳からでも簡単に発症する病気です。
特に睡眠リズムが反逆転して昼夜のリズムがおかしいときには注意が必要です。
これは、双極性障害や双極性スペクトラムを誘発する可能性がありますから注意してください。
眠れないとしても12~15歳までの成長期の課程で起きる不安定な精神状態なら年齢と共に回復するものですが、少年期の生活リズムとその乱れの習慣は後で自分を追い詰めます。
それは、20歳を過ぎても深夜外出が増える深夜活動が増えると言われている行動の病気です。
それが起きると30歳になっても元に戻らない考え方や生活習慣が残り続けて精神安定剤を飲まないと生活できないような話になってきます。
それでは自己実現もままならないばかりか会話にも変化が現れます。その後は「劣等感」の感情が強くなったり「憎しみ」が無意識の中に現われるようになります。
そうすることで、本人は気付かないけど「潜在的脅威に対する防御コーピング機構」が成立していきます。
発達遅滞症の中にも食事生理の問題がいくつか含まれているので、幼少期のころからの生活リズムをよく観察して本人の会話から日常生活で目に見えているものを裏付けていく必要があります。
スペクトラムは抑うつであり自閉症の一部だと思われていますが「警察領域の対象症状」として存在しています。
つまり、警察事案を起こす危険が高くなるためです。自分は大丈夫と思っている人も一度じぶんを確認してみましょう。

コメントは受け付けていません。