Release: 2015/08/26 Update: 2015/08/26

食事リズムが大切です

夜食や夜間の食事リズムが将来的に生活を破たんさせる危険を秘めています。
日常生活で人の目線がきになったり脅威を感じるような場合には食事の生理現象が正常ではない可能性があります。
たとえば、精神的に不安定な人がお金を手にしてもイライラがピークに達したりしてお金を予期せぬ方向へ使ったり意味のない買い物をしてしまうことです。
食事で体重が増えるとか体重が減るとかのこだわりを持ちだすと中々考え方の癖として抜けない状態になります。
考え方の癖であれば早めに治した方がいいですね。
食事は楽しいもので自分の生活の中に無くてはならない習慣のひとつです。
この食事の習慣とリズムがメンタル上で欠かせないものになっています。
行動の方法から考え方の全部がその後の生活リズムや行動リズムに現れます。
食事生理不安定の人の行動や性格のパターンは下記です。
性格:人に謝らせる 誰かが悪いと言って聞かない
行動:深夜から早朝にかけて活発に活動する(何か活動しているように見える)
雰囲気:異常な興奮状態で怒りっぽい すぐ叫んだりわめいたりする
食事生理をきちんとすればこれは直ります。
10歳代から20歳代までなら緩和することは可能ですがそれを過ぎると緩和不可能になってきます。
それだけ、性格的な考え方が固まってしまうからです。
頭が固まると言いますけど本当に固まってしまいますから中々話が通じない人間だと思われがちです。
そこに、食事と体重の変化に極端なこだわりを発揮する姿も見えるはずです。