食事による素行問題の解決を図る方法があります。
食事の生理現象は素行を変えていく癖があります。
少年期から食事について「カルシウム」とビタミンをちゃんと摂取していれば将来的に深夜の素行が目立たない方向へむくといわれています。
家庭科でも習うと思いますが素行はその人の食事の生理現象の問題だと言われています。
少年犯罪のほとんどの例に食事を家で食べないとかコンビニで食べるという例が含まれているからです。それでは、将来的な栄養バランスと健康状態の維持は期待できません。
将来的に栄養バランスを立てていくなら早めに食事を改善していかないといけません。睡眠リズムの変化が起きやすいのが12~15歳の間だと言われています。その睡眠リズムの変化が影響して「躁病的興奮状態」を呼び起こします。
この躁病的興奮状態は13~20歳までの年齢では許されている部分がいくらかあります。
1つは、「生活リズムの不慣れ」
2つは、「引越しによる睡眠変化」
3つは、「転居に伴う体重変化」
これが原因ならば20歳までにはある程度緩和できます。
それが、20歳を過ぎても続いている場合には児童福祉心理上の疑いをもつべきです。臨床的なカウンセリングを施すとたいていは「転居による家庭環境変化」というものが原因であることも知られています。
転居によるストレスではないかという疑いが浮上するのです。
その転居性の疑いがある以上は本人の気持ちをなるべく長い時間をかけて聞き出すことが必要になります。
そこから日常生活の裏付けをとりますが本人には裏付けをとっていることは一切伝える必要はありません。

コメントは受け付けていません。