日常的な食習慣から起きる過食と拒食には自分から直せるものと直せないものの2つがあります。
実際に自分である程度は緩和していくことが出来るならそれはとても凄いことです。
食事による健康状態の維持は誰にでも出来る当り前の要素です。
アルコールを続けている人がアルコールによるごまかしを繰り返して食事を食べないこととか食事を食べるけど生活リズムがおかしいとなった場合にはすぐ措置をとる必要があります。
措置の内容によっては「措置入院」や「腎臓の検査」にいたるまで広くあります。
この広い範囲のものをよく見ていると本人の家族への歪んだ考え方が見えてきます。
食事を食べずに自由な生活をしていると人間関係にもそれなりの歪みが現れ始めます。
生活の内容は昼間は寝て夜起きて酒を飲むか外食をするようになります。
兆候が見えてきたら家族・知人の証言をもとに医療機関へ通報します。
医療機関へ一度通報しただけでは足りません。
本人の普段の日常生活の中に「食事に対する不穏」が潜んでいるかどうかを見つけないといけません。
特に夜間の起床と生活リズムが構築されていくことで「対人免疫の低下」が起きると言われています。
これが、対人能力を減退させて社会参加をおろそかにしていく原因になっていきます。
とくに食事バランスが悪いだけで性機能の未発達状態に陥ることもあると思われますから、将来的に健康生活を望むならば普段の食生活を整えてください。
夜間の食事は睡眠リズムを狂わせたり会話や言葉に「勢い」を出しやすい状態にして、結果てきに人との間で喧嘩口論へとつながり易い人格へと変容します。
学校生活で少年期の課題不達成を起こした経験があれば「考え方の歪み」が原因で 食事と健康バランスへの歪んだ感覚が続いていることになります。

コメントは受け付けていません。