2015-8-29 老眼 予防

ひんやりは、気持ちが良いですが、実は眼精疲労を取るには、冷やすより、目を温めたほうが効果は高いのです。
じんわりと眼を温めると、血液の流れもよくなり、目の疲れを回復させるには効果がありますし、眼精疲労を取ることは老眼予防になります。
ここでは、タオルを使って眼を癒す方法をご紹介します。
ハンドタオルなど熱い湯に付けます。
軽くしぼってホットタオルを作ります。
両目の上にタオルをのせて、じっくりと目を温めましょう。
目安は体温と同じくらいに眼が温まることです。
熱しすぎたタオルでやけどをしないように気をつけてくださいね。
使い捨てカイロなどでも、代用できますので、ハンカチなどを間に挟み、眼の上に乗せても気持ちよいですね。
ですが、カイロは乾いていますので、どちらかと言えば、ホットタオルのように蒸気があったほうが眼には効果的なのです。
このように眼を温めることは、眼の疲れも取れますし、気持ちがいい上、老眼予防にもなります。
それから、老眼予防で目薬を使うこともお勧めです。
目のかすみ、疲れは、加齢が原因ということも大きいですが、目を仕事などで酷使したことによって起きることも多いです。
眼精疲労は、ピント調節機能を衰えさせますから、それが老眼にも繋がります。
眼精疲労を回復するには、休憩や睡眠が良いと言われていますが、目薬でもある程度、回復は見込めるようです。
疲れた目の視力を目薬で回復させることも期待できますし、ドライアイの対策にも有効です。
ですが、目薬の使いすぎは老眼予防や、ドライアイ予防になるどころか、日に何回も使うことは危険です。


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

コメントは受け付けていません。