Release: 2015/08/29 Update: 2015/08/29

老眼予防にビタミンその2

それから、ビタミンB1ですと、視力が落ちることを予防してくれるだけでなく、すでに低下してしまった視力も回復してくれる効果があります。
ですから、ビタミンB1を多く含むものをすすんで食べて、老眼も予防、視力低下も予防したいものです。
ビール酵母や豚肉、小羊肉、牛肉、ウナギ、レバー、豆類、ごま、玄米、小麦胚芽、ピーナッツ、卵黄などがビタミンB1を多く含みます。
ビール酵母は、サプリメントも流行っていますから、それらを利用しても良いでしょう。
ですが、いくら目に良いと言っても、脂分の多い肉類を過剰に摂取することは、体にはよくありませんよね。
老眼防止に良いとわかっていても、適量だけを摂取するようにしてくださいね。
また、ビタミンB2は、体の粘膜を保護してくれて、さらに細胞を再生する作用がある栄養素です。
眼精疲労や、視力低下を予防してくれるだけでなく、低下した視力も改善してくれます。
豚肉、うなぎ、サバ、秋刀魚、いわし、カレイ、かき、ホタテの貝柱などに多く含まれています。
また、牛乳や、卵、納豆、蕎麦、しじみ、アボガド、大根の葉、ねぎ、のり、アーモンド、モロヘイヤ、ひじき、まいたけなどにも、ビタミンB2が多く含まれています。
もちろん、老眼予防にもこれらの食品は毎日の食事に、取り入れると良いでしょう。
成長期の子供には良い卵、牛乳などの乳製品ですが、加齢と共に、摂取量はそれほど必要ありませんので、目のためと言っても乳製品は特に食べすぎないようにしましょう。


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法