Release: 2015/08/29 Update: 2015/08/29

老眼予防と眼精疲労その3

それから、眼精疲労を回復するには、実は眼をケアするだけでなく、体の血液がうまく循環することも大切なのです。
血行不良は眼の疲れだけでなく、血行障害によって起こるさまざまな病気を引き起こしてしまいます。
ですから、眼を休めるだけでなく、1時間に1回くらいは、椅子にから立ち上がり、ストレッチをしたり、背伸びをしたり、動かしてない部分を動かしましょう。
首などをぐるぐると回したり、腕を回したり、などの簡単な体操もよいでしょう。
これは日課にしてしまえば、意識せずにもなんとなくストレッチをしてしまうようになりますから、ぜひとも日課にして欲しいと思います。
また、デスクワークで座りっぱなしなどは、血行によくありませんし、同じ姿勢でずっといることもよくありません。
パソコンの画面を見て、ずっと仕事をしている人は、眼だけでなく、体全体が疲れてしまいます。
体、全体の血行を良くすると、眼精疲労も回復し、老眼予防となります。
血行がよくなれば冷えなども解消されますから、仕事の合間にストレッチをすることは、老眼予防だけでなく、身体に良いことばかりですよ。
また、睡眠を十分に取ることも、目をしっかりと休めることにもなります。
睡眠はそれでなくても、体にとってとても大切なことですから、夜更かしをやめて早く体を休めてあげましょう。
休めるだけで眼精疲労が取れないという方は、マッサージで顔や頭部をもみほぐしてもらうことも良いでしょう。
目のつぼを刺激してあげることも、眼精疲労には有効です。


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法