2015-8-29 老眼 予防

このことから、老眼が始まっていたとしても、レーシックを受け近視矯正するメリットは大きいと思います。
確かに、老眼予防と言っても、時期を遅らせるだけですから、老眼はいつか訪れます。
そのとき、近視と老眼、両方ですと面倒なことになりそうだと考える方が、40歳を過ぎてもレーシックを受けるのでしょう。
レーシックで近視も老眼も治せれば、一番良い方法だと思うのですが、残念ながら、今のところ、レーシックで老眼は治せません。
レーシック手術というものは、エキシマレーザーという機械で角膜にレーザーを当てます。
近視は、何らかの原因で角膜に屈折異常が起こっている状態なので、そこにレーザーを照射し、角膜の屈折率を治します。
近視や乱視、遠視も角膜屈折矯正手術で治りますが、なせ、老眼がレーザーで治せないかと言いますと、もともと、角膜の屈折異常が原因ではないからです。
老眼は、水晶体の機能低下によって、弾力性が失われている状態で、老化現象のひとつです。
ですから、現在の医学では、レーシック手術で水晶体の弾力性を回復することは不可能です。
よって、レーシックでは、老眼を治せません。
老眼になりたくなかったら、老眼予防策を各自が行うしかありません。
それには、食事や栄養分に気をつけたり、眼球のトレーニングをしたりということも効果があります。
また、眼精疲労を取り除くことなど、いろいろな予防策がありますので、ご自分の努力で老眼を遅らせるしか、ないようですね


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

コメントは受け付けていません。