2015-8-29 老眼 予防

そこで、メガネなどを付けている人が、老眼になったとします。
近視用のメガネなどをしていると近くが見づらいと思って、メガネなどを外して見ると、近くが見えやすくなります。
ですから、この状態では、老眼が始まっていると気が付かないわけです。
近くが良く見えれば、多くの方が老眼だと思いませんが、実際は老眼の症状が出始めているのです。
ただ、自分は気が付かないだけなのですね。
ですから、近視の方も、目が良い方と同様、老眼にならないように予防をする必要があるということですね。
さて、たくさんの方が受けられている眼の手術で、視力回復手術レーシックというものがあります。
この手術によって、近視が矯正され、めがねなしでも良く見えるようになります。
では、例えば、すでに老眼が始まっている方が、レーシック手術を受けた場合、どうなるのでしょうか?
この場合は、近視が矯正されて、遠くは見えるようなりますが、近くが逆に見づらくなる可能性は大きいと言われています。
それを予防するため、年齢的に言うと、40歳を過ぎた方が、近視矯正手術レーシックをするときは、近視をある程度、残すように矯正することも可能です。
ですから、老眼が始まっていても、レーシック手術は受けることが出来ます。
近視の方が老眼になれば、遠近両用メガネにプラス、コンタクトレンズをすることになりますよね。
ですが、レーシックによって近視が治り、老眼だけですと、老眼鏡だけで済むので、それがメリットかなと思います。


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

コメントは受け付けていません。