Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

怒ってばかりのお母さんを卒業する方法

自分のお腹に生命が宿る。
これほど神秘的な出来事はないでしょう。
新たな生命が宿る瞬間、「母になる」という自覚を持ちます。
誰もが「子供に慕われる、立派なお母さんであろう」と思うのではないでしょうか。
しかし、お腹に宿る時点では子供との関わり方は学ぶことができません。
いきなり実践となってしまいます。
生まれてから「こんなはずじゃなかった」なんて弱音を吐いている暇もありませんし、初めて子育てをする方はとにかく大変と感じるでしょう。
そのように余裕のない状態に陥ると少しのことでも気が立ってしまいがちですが、怒ってしまうことは子供にとってマイナスでしかありません。
そこで今回は、子育てコーチングを元に「怒ってばかりのお母さんを卒業する方法」をご紹介しましょう。
まず一つ目は「子供のできることに焦点を変えること」です。
子供であれば、できないことの方が多いに決まっています。
だからこそ、数少ない出来ることを見つめるようにしましょう。
二つ目は「目を見て話すこと」です。
どれだけ忙しくても、子供が話しかけてきたら一旦手を止めて、目を見て話しましょう。
それだけで子供との関係を円満にすることができます。
「あなたはそれだけ大事な存在」と伝わり、同時に信頼を得ることも出来るのです。
三つ目は「軸を持つこと」です。
自分と他人は違います。
あくまで自分は自分。
そのスタイルを崩さないようにしましょう。
子育てにアクシデントはつきもの。
焦らず柔軟に対応してください。
怒ってばかりで良いことは何一つありません。
以上の三つを意識して、余裕のあるお母さんを目指しましょう。