抑うつ状態から起きる食事への反応減少。
食事の生理現象を自分で独自の判断でコントロールする時にダイエットを提案する恐れがあります。これは、自己損傷リスクを高める原因にもつながります。
一見普通に見える食事減少とダイエットですが場合によっては「両親の別居」と
「両親の口論」が10~15歳の間に頻発的に起きているところから現れるといわれています。両親の別離や離婚による家庭内環境の変化から起きる「服装変化」と
「食事生理変化」の2つは注意する点になります。
自分が安心して過ごせる場所は家庭空間だけだと意識し始めるのが10~15歳だと言われていて、その安心と安全な空間に「食事を食べる安心感」が生まれるのです。それは、自分のボディイメージ混乱を防ぎボディメージ錯乱を防ぐ効果があります。当然じぶんの家庭空間で規則正しい食生活を送ることができるところまで
心理的発達を促すことができます。
心理的発達の中には「太る瘠せるを意識しない」ところに自然な生活リズムを作り上げる自律神経を強くするものがあります。
食事への自律神経は少年期から青年期の間に育成されるべき大切な神経です。
精神的な安定を保つには必要ですから失うと元に戻りません。
最悪のシナリオとして書きに示します↓。
1. 自分の子供がご飯を食べている時に性的言葉を強制する(虐待のハイリスク)
2. 自分の子供に「ブタ野郎」と言葉をかける虐待行為
3. 子供に対して「比較」を強制する教育をほどこす
この3つに近い減少が頻発して繰り返されることがあります。
少年期から食事を正確に食べるように前向きな食生活リズムを作ることがいかに将来的に重要で一番たいせつなんだと思える考え方を持つようにしてください。

コメントは受け付けていません。