Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

子育てコーチングの勧める言葉

あなたは子育てについて、なにか悩みを抱いていませんか?近年はニュースで頻繁に非道な事件が流されており、その中でも特に親子関係のトラブルが目立っているように思います。
確かに子育てはとても大変です。
よく気持ちを理解することが出来ないデリケートな子供を養うわけですから、負担はどうしてもかかるでしょう。
そこで、理想な子育ての仕方として「子育てコーチング」というものがあります。
一度は見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
最近とても注目が集まっており、自立した立派な子供に育てるための方法として全国のお父さんお母さんが実践しています。
そんな子育てコーチングが勧める言葉というものがあるのです。
それは、「私は嬉しい」です。
どういうことかというと、子供は親が喜んでいるということが一番嬉しいのです。
何をするにしても、子供はまず親の顔色を伺います。
例えば子供が勉強をしていて偉いと褒める場合。
「勉強して偉いね」と褒めるのは、ただ「勉強をすることは良い事」という意識しか芽生えてきません。
勉強をすることは、お母さんにとって嬉しいことなのだろうか?という肝心なことがわからないままなのです。
子育てコーチングが勧めるように褒める場合、「勉強して偉いね。
私はとても嬉しいよ」となります。
必ず自分の感情を付け足しましょう。
子供が行動の善し悪しを決める基準は、「親がどう感じるか」です。
どんな時でも子供は親を見ています。
これからは子育てコーチングの方法を実践し、自分の感情をどんどん表現していきましょう。