Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

子育てで最も大事なこと

あなたは子育てに何かしらの悩みを持っていますか?悩みはなくとも、「面倒くさい」「イライラする」などといった負の感情を抱いたこともあるのではないでしょうか。
しかし、それらを引き起こしてしまう原因は「何でもしてあげようとするから」なのです。
親はそんなことよりも、もっと大事な子供にすべきことがあります。
では、してあげることよりも大事なこととは一体何なのか。
それは、「聞くこと」です。
「え?そんなの当たり前でしょ」と思った方。
子育てで悩みがあるのなら、それはできていない証拠です。
子供が楽しそうに学校の話をしてきても、料理や掃除などをしながら目も合わせずに聞いたりしていませんか?ただ相槌を打って、「良かったね」などと一言で済ませてはいませんか?これは「聞く」とは言いません。
「流す」というのが適切でしょう。
聞くことの需要性は子育てコーチングとも一致しており、子供の自己肯定感を高めるにあたり大切だと主張しています。
本来の「聞く」というのは、向かい合って、耳で心で聞くことを言います。
そして、それを受け止めて共感してあげるのです。
子供がなにか愚痴を吐いた時。
「そんな事言わないの!」「それはあなたが悪いんじゃない」など、口出しをしてはいませんか?愚痴というのは一種の自己防衛です。
意見など求めていないのに、そこに親が口出しをしてしまうことは適当とは言えないでしょう。
あなたはただ聞くだけでいいのです。
誠心誠意、子供の話に耳を傾けてあげてください。
それだけで子供は立派な子に育つでしょう。