Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

傾聴とは

「なかなか子供との関係がうまくいかない…」「いい子に育てるための子育ての仕方がわからない…」子供を持っている方なら1度は悩む壁なのではないでしょうか。
子供はデリケートな存在ですから、どのように接するべきなのかよくわかりませんよね。
そのような方のために生み出されたのが「子育てコーチング」と呼ばれるもの。
自立した、立派な人格をもつ子供に育てるための方法を指します。
近年は実践する人が急増しているようです。
そんな子育てコーチングでは、「傾聴」することを強く推奨しています。
傾聴とは具体的にどのようなことなのでしょうか。
漢字からわかるように、「傾けて聴く」ということです。
「ただ話に耳を傾けるだけじゃないの?」と思う方もいることでしょうが、それは全く違います。
その場合、傾けるのは「耳」だけですよね。
子育てコーチングの勧める傾聴とは、耳を傾けて、心を傾けて、全身で聴くことを言うのです。
子育てにおいて、傾聴はとても大きな効果を発揮します。
子供は敏感です。
どんなに些細な感情でもすべて伝わってしまいます。
そのため、親身に寄り添って全身で子供の話を聴くことで、「自分はとても大切にされている」「ここにいても良い存在」という自己肯定感が芽生えるのです。
円満な子育てをするにあたり、子供が自己肯定感を抱いているというのは最低限の条件です。
毎日の会話で子供との関係は築かれていくのです。
どれだけ疲れている時でも、子供の話は全身で傾聴するようにしましょう。