ロッシーニこそは、まさにイタリアバロックの後期を代表する18世紀において、ベートーヴェンとシューベルトさらにはブラームスとかショパンなどとも競合していいるように活躍した有名作曲家です。
やはり音楽教室には肖像画が飾ってあって記憶されていることでしょうし、なぜか大変な美食家としても有名になっているのは彼ならではのことでしょう。
彼はとくに40数近くにもおよぶオペラ作曲家として非常に広く知られていて、とりわけ「セビリアの理髪師」そして「ウィリアム・テル」などが日本では非常に好まれています。
楽曲の展開ににおいては、いわゆる ”ロッシーニクレッシェンド ”とも称されるトレードマーク的な曲を強めていくことは、あまりにも有名なことであり、日本人が非常に喜んで聴き入る対象のひとつになっています。す。
その代表なのが「どろぼうツグミ」(盗むカササギ)でしょうから、ぜひともお聴きになって彼の作品の真髄に迫ってください。
さらには、あまり広くは知られていないようですが、宗教曲およびや室内楽曲なども作曲しています。
とりわけ興味がもたれるのは、生前に活躍による作風によって、なんと”ナポリのモーツアルト”という異名によっても評されていたことには、大きい興味をそべての人が覚えることでしょう。
みなさんが、もしロッシーニをそれほど多く聴いておられないようでしたら、先ずは「どろぼうツグミ」によってクレッションドの展開のの長い迫力をぜひとも実感してください。
きっとロッシーニマニアに陥ってしまわれるでしょう!

コメントは受け付けていません。