リストは19世紀にハンガリーで大活躍したピアノの魔術師とも称されている大作曲家です。
ピアノの演奏方に彼ならではの非常な工夫をこらして、独特の演奏法そして表現方法を発表してヨーロッパの中心的ともいわれほどの活躍を示しています。
フランスやポーランドなどでも知られており、あの有名作曲家でであって”ピアノの詩人”とまで称されたショパンとも交友を深めているのです。
ラ・カンパネルラ(鐘)はあまりにも有名でしょう。
さらに豊かなハンガリーの歴史的な民謡の高い芸術性をも目指してきていることが非常に広く評価されています。
日本でもっとももっともよく聴かれているのは、「ハンガリー狂詩曲」や「ピアノコンチェルト第1番」などがあり、後者には劇的ともいえる雰囲気をもっており、日本でも公開されたロシア映画「シベリア物語」では印象的に使用されています。
さらには、交響詩というじつにユニークなスタイルとしてのレ・プレリュード「前奏曲」もおすすめの対象でしょう。
まさにリストならではの感動を覚える曲想があまりも素晴らしくて印象的なのです。
ピアノソロ用の「愛の夢」はしばしばオーケストラにまで編曲されており、なんと邦画のBGMさらにはコマーシャルソングにまでなっていてご存知の方も多いでしょう。
そしてリストのヨーロッパにおける女性との同棲そして恋愛の華やかさは音楽にまで含まれているように感じるものです。
彼の伝記的な恋愛映画「我が恋は終わりぬ」にまでなっており、日本でも上映されていますしDVDによっても市販されて知られています。
きっとみなさんも、聴かれたり見たりされていることと思われます。

コメントは受け付けていません。