サプリメントの摂取で欠かせないのがビタミンDです。
日本では、その重要度は低いですが、海外では健康や美容の為に重要視されています。
このビタミンDは、ホルモンに匹敵するほどの役割があり、免疫力の調整 ガン予防 鬱予防などに大きな影響を与えると言われています。
なかでも、メタボ対策にはビタミンDが良いとされており、ビタミンDを多く摂れば内臓脂肪がつきにくくなります。
これ意外にも、ビタミンDは美容にも効果を発揮します。
皮膚を強化してバリア機能を高めてくれたり、肌のオーバーターンやアンチエイジングにも有効です。
ビタミンDは、太陽光からも補充することが可能で、タンクトップやショートパンツで週に3回、30分ほど太陽に当たると補充できます。
また、食べ物では魚からビタミンDが効率良く摂れるとされており、特に鮭はビタミンDが豊富です。
つまり、日頃から太陽光を浴びたり、魚を中心にした食生活をすれば良いということになります。
しかし、なかには日焼けは絶対に嫌という人や魚は骨があるし食べずらいから苦手という人もいると思います。
そこで、サプリメントの出番になるのです。
私達が1日に必要なビタミンD量は、最低でも1000iuとされており、できれば2000~3000iuを摂取するのが良いとされています。
ビタミンDだけを摂れるサプリメントもありますが、やはりマルチビタミンやマルチミネラルのサプリメントから摂るのが賢い方法です。

コメントは受け付けていません。