2016-12-10 VR 比較

VR人気の凄まじい勢いがとまりませんが、そもそもVR、バーチャルリアリティはいつから初まったのでしょう。
この言葉自体が生まれたのは以外に早く、1989年には、もうすでに誕生していました。
ここ最近のできごとかと思っていましたが、以外に早い段階で進んでいたのです。
世界の技術、開発者はすごいですね。
今までこの技術がどこで使われていたのか気になります。
それは、主に訓練に使われてきました。
医療の世界では手術の訓練。
職業訓練校でも訓練に使われ、極め付けは宇宙飛行士NASAが訓練につかってきました。
考えてみたらこの技術、体験してどんなものなのかしったら、納得です。
訓練などにはもってこいの技術です。
もっと古くを語ると、第二次世界大戦中になります。
パイロットの飛行操作訓練に使われていました。
飛行していないのに、空を飛んでいる様に思わせる。
これは間違いなくVR技術者の前段階でしょう。
ここから、NASAによる開発が進みだし進化していきます。
アメリカがここからVRで注目を集めだしますが、日本も負けていませんでした、日本は当時の松下電工が維持を見せます。
図面の寸法を測る技術に発展させました。
そこからアメリカ、日本で開発が進歩をとげ、色々な対応ができるようになっていきます。
現在にいたるまでも、研究に研究を重ねやっとたどり着いた長い道のりでした。
ゲームとして気軽な遊びで流行りだしたVRでしたが、こんなにも長い道のりを歩んできています。

コメントは受け付けていません。