ドビュッシーはやはり19世紀の後半におけるフランスを代表する有名作曲家のひとりであって、「ボレロ」でおなじものラベルとほぼ同時代に活躍しております。
フランスの印象派を代表する偉大な作品を多く残しております。
もっとも有名なのがピアノソロによる「月の光」であって、とても印象的でありオーケストラにまで編曲されていますし、日本でのコンサートにおいても広くしられています。
ドビュッシー独特のメロディーそして和音さらには曲想の展開こそは、ほかでは決して聴かれないものであって、ドイツの3大Bなどとは、まさに別世界の音楽と称されているようです。
さらにやはりピアノソロ用の「子供の領分」にはそれぞれに独立した表題があって、彼ならではのユニークな曲想が感じ取られるものです。
ロシアのムソルグスキーそしてなんと東洋音楽などによって大きい影響を彼は受けていて、多く取り入れているのです。
ワグナーのような後期ロマン派からの脱却によって、まったく新しい音楽を構築していっています。
やはり日本の中学校などで、みなさんは広く親しまれていることでしょう。
なおドビュッシーが活躍した芸術面での背景どしては、絵画があげられてお、やはり音楽におけるのと同様に印象派的なものが多いことには、日本人として大いに共感すら覚えることでしょう。
もしフランス絵画展があれば、きっとドビュッシーなどの音楽がBGMとして採用されていることが多々あります。
テレビにおいてもそのことに関心を寄せておくと、いっそう有意義であり楽しい印象が残ることでしょう。

コメントは受け付けていません。