ショパンはシューマンと同様に19世紀の前半に活躍したポーランドを代表した有名作曲家であり、”ピアノの詩人”とまで称され続けていることは、あまりにも有名なことです。
みなさんがもっとも良くご存知なのが、ピアノソロによる「仔犬のワルツ」とか「英雄ポロネーず」・「軍隊ポロネーズ」・「華麗なる大円舞曲」・「マズルカ」でしょう。
いずれもオーケストラにまで編曲されて、日本における多くのコンサートを飾っています。
オーケストラにおいても「ピアノコンチェルト」のような多彩なスタイルによる名曲は数知れないでしょう。
ヨーロッパでの映画におうても「楽聖ショパン」としてあまりにも有名です。
あのハンガリーのリストとのじつに親しい交友も大きい話題のひとつにあがっています。
日本におけるCDによっても、”ショパン・ピアノ名曲集”にかならず含まれておりますので、すでにご存知の人たちが多いことでしょう。
さらにショパンはロッシーニやメンデルスゾーンそしてリストなどの大家とも交友を深めているのです。
練習曲集などなどにも、日本人から親しまれてしる名曲が多々あることで広く知られています。
彼は30歳代の後半という若さで世を去っていますが、フランスの女流作家ジョルツ・サンドとのラブロマンスはあまりにも有名な事実であって、、彼の多くの名曲を生み出したエネルギー源にもなっていることは、とても広く知られていることなのです。
ぜひともそのことを連想しつつ、ショパンのピアノ曲をぜひともお聴きになってください。

コメントは受け付けていません。