コラーゲンサプリメントは美容に効果的でしょうか?
コラーゲンは、タンパク質の一種で、ゼラチンの主成分です。
実は、コラーゲンはタンパク質ですので、腸管から吸収されにくい“大きさ”を有しています。
コラーゲンなどのタンパク質は、消化・分解されると、ペプチドと呼ばれる大きさの分子群となり、ひいてはアミノ酸にまで分解されます。
腸管が吸収できるのは、ペプチドと呼ばれる分子群より小さなものだけです。
したがって、コラーゲンの様な分子の大きな物質は、腸管を通過することができません。
コラーゲンを体内に取り込むということは、実は、コラーゲンがペプチドやアミノ酸にまで分解されたのちに、腸管から吸収され、その後にペプチドおよびアミノ酸から、改めて体内で作り上げられるのです。
なお、コラーゲンが分解してできたペプチドおよびアミノ酸が、そのままコラーゲンに逆戻りして生成されるとは限りません。
更に、コラーゲン以外のタンパク質が分解してできたペプチドおよびアミノ酸が、体内でコラーゲンを作り出すこともあります。
このようなことから、実は高額なコラーゲンをわざわざ摂取しなくとも、タンパク質をある程度の量、食べていれば、コラーゲンを体内で生成できます。
割と高額なサプリメントの多いコラーゲン。
そのコラーゲンを無理して摂るよりも、卵や肉や魚などのごく一般的なタンパク質を摂るのが良いでしょう。そして、しっかり歯で噛み、唾液を十分にしてアミノ酸にまでしっかり分解し、「皮膚の材料」が腸管を通過するようにすることが肝心です。

コメントは受け付けていません。