●確定申告の重要性●
前の記事で、確定申告が必要ということは説明しました。
ではなぜ必要なのでしょうか。ここで詳しく解説したいと思います。
『ふるさと納税』は、確定申告をして初めて減額を受けたりと、控除を受ける手続きが完結します。
確定申告をしないと税金が減額にならないばかりか、割高で特産品の商品を買うことと同じになってしまうので、絶対に忘れてはいけません。
納税をして終わったと思い、この確定申告をしていない人がとても多いので気をつけましょう。
●『ふるさと納税』の落とし穴チェック●
それではここで、ふるさと納税をするにあたってしっかりと把握しておきたいことをまとめておきます。
これらの項目はしっかりと覚えておきましょう。
【1.確定申告をしていない人は 7割にも!】
納税をして特産品を受け取ると、それで満足してしまい確定申告し忘れた方が全体の7割にも及びます。
これでは控除を受けていないばかりか、割高で特産品も購入したようなものです。注意しましょう。
【2.控除を受けられる人は収入がある人のみ】
結婚をして仕事をやめた専業主婦の方は控除を受けることができません。
『ふるさと納税』をしたい場合には、夫の名義で申し込みをするとよいでしょう。
【3.特産品の申し込み時期を確認】
特産品によっては、”1年に一度のみ申し込みが可能”という場合があります。
年末締めなのか、年度締めなのかをきちんと確認しておきましょう。
【4.ボーナスの時期や年末の時期は申し込みが殺到】
人気の特産品などは殺到する数も多いため、早めに手続きをするのが無難です。

コメントは受け付けていません。